タコと思い10年〜まさか魚の目だったとは!

  • 2017.06.04 Sunday
  • 20:20

JUGEMテーマ:フットケア

 

親指側の体重がかかるところ。

ここは皮膚が固くなりやすいところです。

あまりにも皮膚が厚くなってきて、いわゆる「タコ」と呼ばれるものになると、

場合によっては痛くなることもあります。

 

このお客様は、痛くなってきたら病院で「タコ」を取ってもらっていたそうです。

でも、毎度毎度やっても痛みが変わらないので

『どうして良くならないんですか?』と聞いてみたところ

『これは魚の目だから、痛いのはなかなか治らないよ』と言われたそうです。

 

WEB検索でドクターネイル爪革命札幌麻生店のことを知り、ご来店いただきました。

 

施術前・施術後の写真です。

 

ずいぶん奥の方まで、魚の目の芯が入っています。

やはり10年の歳月は、魚の目の芯を深くしてしまったようです。

 

う〜む、1回では取り切れません。

が、しかし、お帰りになった際には、『全然違う!ラクになった』とのご感想でした。

1か月後に再来店いただき、残っている魚の目の芯を施術しました。

 

1か月後の施術前・施術後

 

やはり2回目の施術とあって、魚の目の芯が非常に取れやすくなっていました。

全部きれいに取れました。

 

もう、どこを押しても痛くありません。靴を履いても痛くありません。

ということで、本日をもって、魚の目の施術は終了いたしました。

 

お疲れ様でした。(^-^)

 

 

 

※上記施術はドクターネイル爪革命札幌麻生店の施術です。
※同じような業態のお店や、同業他社・他店舗の施術保証は致しておりませんので、
上記施術をご希望の方はぜひ当店までお越しください。
 


ドクターネイル爪革命札幌麻生店
札幌市北区北36条西4丁目1-20
011-700-0075
http://sapporofootcare.com
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM